奈良大和路花の寺: 長谷寺 (奈良県桜井市の観光、撮影スポット)

長谷寺本堂の舞台から望む五重塔、桜も陽の光に輝く - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -

奈良県桜井市にある 長谷寺 は西暦686年に創建されたと伝わる、真言宗豊山派総本山の寺院で大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろす地に建ちます。

花の寺として知られる長谷寺、仁王門とその先の登廊の風景が有名 - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
花の寺として知られる長谷寺、仁王門とその先の登廊の風景が有名 – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

春の桜に包まれた境内を歩く春の長谷寺

長谷寺で有名なのは4月下旬から5月上旬の牡丹の花ですが、3月終わり頃から4月はじめの季節には境内が美しい桜色に染まります。

初瀬川の橋から見上げた長谷寺境内の風景 - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
初瀬川の橋から見上げた長谷寺境内の風景 – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

この季節には門前町の脇を流れる初瀬川に掛かる橋から見上げれば桜やモクレンなど春の花に彩られた境内を眺めることができ、長谷寺へ訪れた際にはまず最初に味わいたい風景が広がります。

長谷寺仁王門としだれ桜 - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
長谷寺仁王門としだれ桜 – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

次に境内の手前まで歩いてゆけば、仁王門の手前に見事なしだれ桜が咲き乱れ、堂々たる仁王門と相まって美しい景観を作ります。

本堂からは断崖絶壁に作られた舞台から桜の花に包まれた全山を見下ろした画を切り取ったり、春の陽の光を浴びて輝く桜と五重塔の美しいコラボレーションを切り取ることもできます。

長谷寺本堂の舞台から望む五重塔、桜も陽の光に輝く - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
長谷寺本堂の舞台から望む五重塔、桜も陽の光に輝く – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

春の陽気に包まれて長谷寺名物の登廊(のぼりろう)をゆっくりと歩きながら絶景を堪能し、写真に収めたい観光、撮影スポットと言えます。

 

長谷寺と言えば牡丹。春の長谷寺を象徴する牡丹の咲き乱れる境内

この大和長谷寺の一番おすすめの季節は4月下旬から5月下旬。この時期には150種、7,000株もの牡丹の花が咲き乱れます。

長谷寺名物の登廊の脇を埋め尽くす牡丹の花はとても素晴らしく、絶景の言葉しか出てきません。

牡丹の花咲く季節には登廊の脇を牡丹が埋め尽くす - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
牡丹の花咲く季節には登廊の脇を牡丹が埋め尽くす – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

また、同じ頃には境内に石楠花の花も咲き始め花の寺の名にふさわしい寺院と言えます。

この時期には多くの観光客も訪れ思い思いに写真を撮影したり、その目に美しい景色を焼き付けることでしょう。

秋には紅葉も素晴らしい長谷寺

四季を通じて花の咲く長谷寺ですが、秋ももみじが絶景を作り出します。

日本を象徴する仏教文化の建築物と鮮やかに色づくもみじのコントラストがこの山を染め上げて絶景となります。

長谷寺の五重塔、春は桜、秋はもみじとの競演が美しい - -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- -
長谷寺の五重塔、春は桜、秋はもみじとの競演が美しい – -奈良県桜井市にある観光、撮影スポット- –

おすすめの撮影スポットは境内を見渡すことのできる初瀬川沿いから見上げる場所と本堂の舞台から眺める五重塔です。

是非、この季節にも訪れて納得の一枚を撮影していただきたいスポットです。

アクセス

西名阪自動車道、天理インターより40分程

名阪国道、針インターより30分程

 

近鉄大阪線、長谷寺駅より徒歩15分程

 

住所:奈良県桜井市初瀬731-1

奈良県にある観光、撮影スポットの紹介一覧はこちら

奈良県の観光情報 - -関西地方- - の観光、撮影スポット「撮る旅」
奈良県の観光情報 – -関西地方- – の観光、撮影スポット「撮る旅」

京都・梅小路 フォトコンテスト ※2018年2月25日にて終了

京都・梅小路フォトコンテスト2018年2月2日(金)~2018年2月25日(日)まで受付!京都観光がてらフォトコンテストに参加してみよう!

京都・梅小路 フォトコンテスト:京都の観光を愉しみながら駅チカフォトコンテストに参加しよう!

京都・梅小路フォトコンテスト2018年2月2日(金)~2018年2月25日(日)まで受付!京都観光がてらフォトコンテストに参加してみよう!
京都・梅小路フォトコンテスト2018年2月2日(金)~2018年2月25日(日)まで受付!京都観光がてらフォトコンテストに参加してみよう!

https://www.kyoto-umekouji.com/photocon/

京都駅から梅小路公園へと至る一帯をテーマにした駅チカフォトコンテスト

古都:京都の玄関口、京都駅周辺の魅力をあなたも発掘してみませんか?

 

このフォトコンテスト付近の観光情報

 

応募要項

  • 応募は御1人様3点までとさせていただきます。
  • 応募作品の著作権については主催者に譲渡することとします。
  • 使用権は主催者に属します。
  • ご応募作品は返却いたしませんので、ご了承ください。

応募受付期間

2018年2月2日(金)~2018年2月25日(日)

対象エリア

京都駅から梅小路公園に至るエリア
※詳細は主催者ページにてご確認ください。

応募資格

プロ・アマ、年齢不問。
※18歳未満の方は保護者の同意書を添付

応募内容(テーマ)

京都駅~梅小路公園エリアの魅力を伝える。

 

 

このフォトコンテスト付近の観光情報

 

応募規定

応募作品は応募受付期間中に対象エリアで撮影した未発表作品に限ります。

  • 郵送の場合
    L版以上四つ切サイズまでのプリントに限ります。
    2月25日(日)当日消印まで
  • メールの場合
    画像データのファイル形式はJPEGのみ
    ファイルサイズは1MB~10MBまで
  • インスタの場合
    1投稿1作品
  • 京都・梅小路フォトコンテスト公式アカウント
    (@kyoto.umekouji.photocon)をフォロー
    ハッシュタグ #kyotoumekoujiphotocon をつけて投稿

  • 最優秀作品  1作品 商品券2万円分・賞状
  • 優秀賞    2作品 商品券1万円分・賞状
  • 入選      15作品 商品券5千円分
  • 特別賞    5作品 お食事券2万円分

応募方法

公式ページにある応募規定、応募細則をよくお読みいただきご同意の上ご応募ください。

  • 郵送
    応募票に必要事項をご記入の上、応募票と写真画像を下記住所までお送りください。
    〒617-0002 京都府向日市寺戸町修理式1-23
    京都・梅小路フォトコンテスト運営事務局 株式会社リベント(内)
  • メール
    メールの件名に「京都・梅小路 フォトコンテスト応募」と入力
    メール本文に応募票の必要事項を入力の上、写真データとあわせて下記応募先メールアドレスへお送りください。
    kyoto.umekouji.photocon@gmail.com
  • インスタグラム
    京都・梅小路フォトコンテスト公式アカウント(@kyoto.umekouji.photocon)をフォローし、ハッシュタグ #kyotoumekoujiphotocon をつけて投稿
    ※入選時にダイレクトメッセージにてご連絡いたしますので、必ずフォローください。

結果発表

  • 3月中旬にHPにて発表します。
  • 賞品は結果発表から1ヶ月以内に発送します。
  • 京都駅ビル空中径路や京都駅~梅小路公園エリアの一部施設での展示を予定
  • 詳細は公式HPにてお知らせします。

個人情報

  • 応募者の個人情報は、フォトコンテスト以外の目的には使用しません。
  • 各章の作品は都道府県と氏名を掲載します。

 

このフォトコンテスト付近の観光情報

京都左京区哲学の道周辺の観光、撮影スポット(銀閣寺、南禅寺、哲学の道)

京都銀閣寺:白砂青松の庭園 - -京都市左京区哲学の道周辺- -

京都左京区銀閣寺周辺(銀閣寺、南禅寺、哲学の道)

京都市左京区哲学の道

・銀閣寺(慈照寺)

世界遺産にも登録された、室町8代将軍:足利義政の隠居地として造営された後に寺院となった東山文化の中心的と言える寺院。

京都銀閣寺:あざやかないろどりの苔と岩 - -京都市左京区哲学の道周辺- -
京都銀閣寺:あざやかないろどりの苔と岩 – -京都市左京区哲学の道周辺- –

銀閣寺

モダンとも言える佇まいの銀沙灘や向月台、銀閣のシンボルとも言える観音殿、展望台から望む京都の街並みとともに新緑の中に広がる庭園、雪景色に包まれた冬の風情など季節ごとに違った顔を見せ愉しませてくれる寺院。あなただけの素敵な一枚を是非、ここでも撮影してください。

京都銀閣寺:白砂青松の庭園 - -京都市左京区哲学の道周辺- -
京都銀閣寺:白砂青松の庭園 – -京都市左京区哲学の道周辺- –

・南禅寺

銀閣寺から哲学の道に沿って歩いた先にある広大な寺院が京都五山の最高位にあたる南禅寺。

京都の歴史を深く刻んできた古刹には和の趣だけではなく、京都の文明開化を象徴するモダンな歴史を刻む琵琶湖疏の水路閣もあり写真家が撮影に訪れることの多いスポットです。

幽玄閑寂のおもむきに包まれた南禅院の庭園 - -京都南禅寺- -
幽玄閑寂のおもむきに包まれた南禅院の庭園 – -京都南禅寺- –

また、方丈の南側には小堀遠州が作庭した「虎の子渡しの庭」とも呼ばれる枯山水庭園があり、端整で美しい日本庭園の写真を撮影するにもオススメです。

南禅寺

ほかにも南禅寺の発祥でもある南禅院にも美しい日本庭園が存在し、京都を訪れたらまず最初に撮影に向かいたい場所であると言えるでしょう。

・哲学の道

哲学の道

また、哲学の道周辺には鎌倉時代初期法然上人の草庵を起源とした椿と紅葉の名所:法然院や古今和歌集に美しさを詠まれた紅葉の名所「もみじの永観堂」とも呼ばれる禅林寺永観堂、桜の名所としても名高い京都三熊野がひとつ熊野若王子神社など写真家にオススメしたいスポットが盛りだくさん。是非、散策しながら京都の風情をカメラで切り取って歩きたい、そんな道と言えるでしょう。

春、さくらの咲き誇る哲学の道 - -京都- -
春、さくらの咲き誇る哲学の道 – -京都- –

京都の観光、撮影スポットはこちら

信州、「私の街」フォトコンテスト※2018年1月31日(水)にて終了

アルピコプラザ 信州「私の街」フォトコンテスト | ALPICO PLAZA -アルピコプラザ-

信州、「私の街」フォトコンテスト

アルピコプラザ 信州「私の街」フォトコンテスト | ALPICO PLAZA -アルピコプラザ-
アルピコプラザ 信州「私の街」フォトコンテスト | ALPICO PLAZA -アルピコプラザ-

アルピコプラザ 信州「私の街」フォトコンテスト 作品募集

http://alpico-plaza.jp/photo-con/index.html

信州の魅力あふれる風景、人物、グルメ、伝統、文化など、ご自慢の写真を投稿ください。

応募方法は2種類。

・お気軽に応募! インスタグラム一般部門

テーマは「私の街」

・アルピコプラザ館内にて展示される館内展示部門

テーマは「信州私の街」

企画概要

フォトコンテストは

①「インスタグラム一般部門」

②「館内展示部門」

上記の2部門で実施致します。

美ヶ原スカイラインから望む北アルプスの山々 - -松本市- -
美ヶ原スカイラインから望む北アルプスの山々 – -松本市- –

応募方法

「インスタグラム一般部門」

公式アカウント「alpicoplaza-event」をフォローし、
松本市内で撮影したお気に入りの写真をinstagramにハッシュタグ「 #信州私の街 」を付けて投稿。
※撮影場所とコメントをキャプション(本文)に記載すること

「共通(館内展示部門および一般部門)」

信州、「私の街」フォトコンテストページ内の応募フォームより、
必要事項を入力の上、写真を投稿。

写真展の開催予定

2018年春にオープンするアルピコプラザ7Fにて写真展示コーナーを設置する予定。

テーマ

①インスタグラム一般部門(インスタグラム投稿)・・・「私の街」

●松本市の自慢の風景・人物・動物・グルメ・伝統・文化など、松本市を自慢できる写真をInstagramにアップして下さい。

②館内展示部門・・・「信州、私の街」

●被写体を広く信州全域に置き、地域のブランディングをよりアップさせることを目的に写真コンテストを実施します。

古い宿場町の街並みが保存された美しい妻籠宿「撮る旅」
古い宿場町の街並みが保存された美しい妻籠宿「撮る旅」

スケジュール

作品応募期間: 2017年12月29日(金)~2018年1月31日(水)まで
入賞発表:2018年春 アルピコプラザホームページ、館内掲示をもって発表。

その他、詳細に関しましては信州、「私の街」フォトコンテストページにてご確認ください。

信州、「私の街」フォトコンテストに関連する写真撮影を主とした観光情報は
松本市(美ヶ原、上高地、松本城)
木曽郡南木曽町(妻籠宿・柿其渓谷)