那智勝浦 の観光、撮影スポット(那智の大滝、熊野那智大社、青岸渡寺)

神話の御世より流れ落ちる神の滝:那智の大滝 - -和歌山県那智勝浦町- -

神話の時代より続くみち、息吹を感じる日本一の滝を擁すまち 那智勝浦

那智勝浦町webサイト

・那智の大滝(那智勝浦町)

大門坂より続く杉木立に囲まれ、苔むした風情ある石畳の古道を登った先に日本一の落差を誇る那智の大滝が鎮座します。

滝の手前には那智の滝自体を御神体としてまつる飛瀧神社があり、滝に詣でることができます。

日本最大の滝、神話の舞台:那智の大滝 - -那智勝浦町:那智の滝- -
日本最大の滝、神話の舞台:那智の大滝 – -那智勝浦町:那智の滝- –

古代に神武天皇によって神とあがめられた神話の地は原生林に囲まれた美しい自然、滝の荒々しい自然の姿を思う存分に撮影することができるスポットと言えます。

石畳の古道 - -那智の大滝- - 「撮る旅」
石畳の古道 – -那智の大滝- – 「撮る旅」

 

那智の滝

・熊野那智大社(那智勝浦町)

熊野夫須美大神(イザナミノミコトの別名)を主とし、熊野十二所権現を奉っている。

サッカー日本代表でもおなじみの八咫烏(ヤタガラス)が石に姿を変えたといわれる烏石や樹齢850年の大楠、那智の大滝とシャッターポイントは数多くあります。また、周囲には寺院も複数あり日本建築の素晴らしさを堪能できる場所。

悠久のときを刻み続ける原生林、古くから信仰の対象として存在してきた大社などあなたにしか撮れない一枚がきっと撮影できるでしょう。

神話の御世より流れ落ちる神の滝:那智の大滝 - -和歌山県那智勝浦町- -
神話の御世より流れ落ちる神の滝:那智の大滝 – -和歌山県那智勝浦町- –

熊野那智大社

・青岸渡寺(那智勝浦町)

明治時代の神仏分離によって熊野那智大社より独立した青岸渡寺では、なんと言っても朱色の三重塔越しに那智の大滝を眺められるスポットがオススメです。

那智の滝と言えばこのシーンが浮かぶ方が最も多いのではないでしょうか?

青岸渡寺

特にオススメなのは桜のさく季節に華やいだ一枚を、また夜明けの薄暗いなかにたたずむ滝と三重塔も神秘さが漂い最高の一枚となることでしょう。

石灯篭に置かれた八咫烏(ヤタガラス)が微笑ましい - -青岸渡寺- -
石灯篭に置かれた八咫烏(ヤタガラス)が微笑ましい – -青岸渡寺- –

 

江戸時代の風情が色濃くのこる妻籠宿(長野県南木曽町の観光、撮影スポット)

古い宿場町の街並みが保存された美しい妻籠宿 - -長野県南木曽町- -

江戸時代の風情が色濃くのこる宿場町: 妻籠宿 (長野県南木曽町の観光、撮影スポット)の紹介

南木曽町webサイト

タイムスリップの宿場町:妻籠宿

妻籠宿は日本全国に数ある街並み保存の街並み、その先駆けとして高度成長期に宿場町の歴史的街並みの再生および保存を行った宿場町。

中山道42番目の宿場町として江戸期には栄えた宿場町で今日においても日本の古い街並みを遺しており、1976年には国の重要伝統的建造物群保存地区に最初に制定さています。

江戸時代の風情を愉しめる妻籠宿の街並み - -木曽郡南木曾町妻籠宿- -
江戸時代の風情を愉しめる妻籠宿の街並み – -木曽郡南木曾町妻籠宿- –

この街並みの歴史は「続日本紀」に記されるほどに古く木曽路の要衝として栄えてきて、写真家にとっても周囲の自然が多く残る山並みをバックにこの古い街並みが残っており、まるで江戸時代の風景を思わせる一枚が撮れる場所としてオススメのスポットと言えます。

古い宿場町の街並みが保存された美しい妻籠宿 - -長野県南木曽町- -
古い宿場町の街並みが保存された美しい妻籠宿 – -長野県南木曽町- –

例えば雨の日の空と古い町並みを切り取った一枚の写真、例えば秋晴れの空の下、色とりどりに紅葉した山並みとのコントラスト、冬の白に覆われた黒い街並みなどなどこのスポットのシャッターチャンスは枚挙に暇がありません。

ほかにも冬ならではのイベントも2018年2月10日(土)には氷雪の灯祭り~アイスキャンドル~が開催されます。

日が沈む頃、17時30分から江戸時代の風情が色濃く残る妻籠宿にて、ほのかに光る優しいアイスキャンドルが妻籠宿の景観を演出します。

雨天中止ではありますが年に一度のチャンス!天気予報とにらめっこしながら計画を立ててみてはいかがでしょうか?

 

妻籠宿

また、妻籠宿には宿場町として栄えた江戸時代より残る風情ある宿泊施設が11件営業しております。

妻籠宿では江戸時代の風情を感じさせる宿にも宿泊できる - -木曽郡南木曾町妻籠宿- -
妻籠宿では江戸時代の風情を感じさせる宿にも宿泊できる – -木曽郡南木曾町妻籠宿- –

街並み保存にていまなお残る街並みだけでなく、この宿場町の中でタイムスリップ気分を味わいながら宿泊できる施設で是非、非日常のなかにある1コマを撮影したいものですね。

妻籠宿の宿泊施設

是非とも歴史を感じさせる街を大自然をバックにして、あなたが見つけた絶景といえる一枚を遺してみてください。

 

また、付近には他にも馬籠宿をはじめ、柿其渓谷、桃介橋など数多くの観光スポットや大自然などがあり一泊でも撮りきれないほど撮影スポットを短で切ることでしょう。

どこか懐かしい、そんな夕暮れの妻籠宿の路地裏 - -木曽郡南木曾町妻籠宿- -
どこか懐かしい、そんな夕暮れの妻籠宿の路地裏 – -木曽郡南木曾町妻籠宿- –

是非、昔ながらの街並み保存をはじめて行った妻籠宿に訪れてみませんか?

 

北海道中川郡豊頃町(ジュエリーアイス・ハルニレの木)

北海道中川郡豊頃町、大津海岸のジュエリーアイス「撮る旅」

・中川郡豊頃町の ジュエリーアイス 、ハルニレの木(観光、撮影スポット)

豊頃町webサイト

・豊頃、大津海岸のジュエリーアイス

極寒の十勝平野。そこを流れる雄大な十勝川が冬の寒さで凍りつき、その凍った氷が少しずつ太平洋へと流れ出します。

それらの流れ出た氷が太平洋の荒波にもまれ独特の形を作り上げ海岸へと打ち上げられます。

流氷とは違いきれいな十勝川の水が凍ったものであるため透明度も高く、自然の力によってかたち作られたこれらの氷はまさにジュエリーの名のとおり光り、そして輝きます。

太陽の光によって少しずつ溶けてゆくはかないカタチをカメラで焼付けられる写真家にオススメのスポットです。

このジュエリーアイスは雪の結晶と同じように二つとして同じ形はなく、すこしずつ溶けてゆくためそのとき、あなただけが見、そして撮影することを許されます。

みなさんも是非、あなただけが見つけた美しくもはかないジュエリーアイスの姿をそのカメラで永遠に遺すために撮影しに行って見ませんか?

 

 

北海道中川郡豊頃町、大津海岸のジュエリーアイス「撮る旅」
北海道中川郡豊頃町、大津海岸のジュエリーアイス「撮る旅」

 

豊頃町大津海岸ジュエリーアイス

豊頃、大津海岸のジュエリーアイスは1月~2月の早朝が見ごろです。とても寒いので暖かい格好でどうぞ。

・ハルニレの木(豊頃町)

十勝川左岸の河川敷に、樹齢約130年、高さ18m、枝の広がりが23mにもおよぶハルニレの木がたたずみます。

十勝川沿いの牧草地にたたずむ、その雄大な様は北海道を絵に描いたような風景と言えます。

緑色に輝く牧草に覆われた大地にそびえる雄大な木。
澄み渡り満天にちりばめられた星空の元に枝を広げた一本の木のシルエット。
冬・・・あたり一面まっ白な中にたたずみ春を待つ一本の木。

と一年を通じてさまざまな表情を見せてくれるスポットです。

ハルニレの木

ぜひとも北海道を象徴するような雄大な地にたたずむ一本の木を収めた写真を撮影しに行ってみてください。